PDOPPS調査事業利益相反開示につきまして

PDOPPSの研究調査は、以下の企業からの寄付により行っております。

  ・アステラス製薬株式会社
  ・協和発酵キリン株式会社
  ・株式会社ジェイ・エム・エス
  ・第一三共株式会社
  ・中外製薬株式会社
  ・テルモ株式会社
  ・鳥居薬品株式会社
  ・日機装株式会社
  ・バイエル薬品株式会社
  ・バクスター株式会社
    (アイウエオ順)

このページのTopへ



平成30年度 医師、看護師CAPD教育研修医療機関の公募要領

CAPD医師,看護師の教育研修医療機関を公募いたします。
応募される医療機関は別紙の「公募申込書」に記載し、お送りください。
尚,継続を希望される施設も「公募申込書」を提出してください。
また、応募条件は下記の条件を満たす医療機関といたします。
1. 日本腹膜透析医学会の施設会員であること
2. 社)日本透析医学会教育指定病院もしくは教育関連指定病院であること
3. CAPD 導入患者が平均月1例以上あること
4. 維持CAPD患者を応募時に30名以上管理していること
5. 病院管理者もしくは施設長が、他の医療機関の教育研修希望者を受け
     入れる意思があること
6. 教育研修者に指定したCAPD研修カリキュラムを達成させることが
     出来ること(後日、カリキュラム内容を提示)
7. すでに他の寄付などによる教育研修事業を行っていないこと
8. 大学における通常の教育・研修の一環ではないこと

設立予定研修施設数: 15施設(2018年)

公募開始日 平成30年 7  月  16 日
公募締切日 平成30年 8 月   15 日

尚、教育研修医療機関は 地域性なども考慮に入れ教育研修施設認定委員会において決定し、お知らせいたします。(決定までは正式な公認の研修はできません)
教育研修施設認定委員会
委員長:友 雅司
委 員:伊丹 儀友、政金 生人、武本 佳昭、水口 潤

応募書類送付先
NPO法人日本腹膜透析医学会事務局
〒770-0011 徳島市北佐古一番町1-39 社会医療法人 川島会 川島病院内
TEL:088-631-1755 FAX:050-3730-3065
E-mail:office@jspd.jp
公募要領及び申込書ダウンロード(PDFファイル)
公募要領及び申込書ダウンロード(Wordファイル)

このページのTopへ



■平成29年度日本腹膜透析医学会評議員の公募について

■平成29年度日本腹膜透析医学会評議員の公募要領

日本腹膜透析医学会評議員の公募を致します。
応募される方は、別紙の「日本腹膜透析医学会評議員 就任申請書」に記載し、
お送り下さい。

なお、申請の締切は2017年7月31日です。

申請書をダウンロードする方はこちらをクリック(Word版)

申請書をダウンロードする方はこちらをクリック(PDF版)
このページのTopへ



■Official journal のお知らせ

「Renal Replacement Therapy誌」が当学会のOfficial journalとなりました。 
   http://rrtjournal.biomedcentral.com
 今後「Renal Replacement Therapy誌」への投稿を宜しくお願い致します。
このページのTopへ



■第4回「イノベーター・オブ・ザ・イヤー」候補者推薦のお願い

2014年に創設した「イノベーター・オブ・ザ・イヤー」の
第4回候補者募集を開始致します。
▽詳細はこちらをクリックしてください。▽
このページのTopへ



■第4回「山上の光賞(さんじょうのひかりしょう)」候補推薦につきまして

評議員 各位
下記のとおり「山上の光賞」事務局より、第4回「山上の光賞(さんじょうのひかりしょう)」の
候補者推薦依頼がございましたので周知いたします。
下記「山上の光賞」の推薦用紙にご記載頂き、日本腹膜透析医学会事務局宛に
お送りくださいますようお願いいたします。
推薦につきましては学会事務局で取り纏めます。

推薦状送付先:
〒770-0011 徳島市北佐古一番町1-39
社会医療法人川島会 川島病院内
NPO法人
日本腹膜透析医学会事務局 <office@jspd.jp>
******************************
各位

第4回「山上の光賞(さんじょうのひかりしょう)」候補者推薦のご案内

2015年に創設いたしました「山上の光賞」の第4回目の候補者募集を開始いたします。
この賞は広範な健康・医療分野において、75歳(2017年12月31日現在)以上で
その豊富な経験、知性、知識、情熱をもって、現役で活躍を続けておられる方々を
表彰します。

第1回目から第3回目に亘り、いずれも多数の候補者推薦を賜り、
素晴らしい方々が表彰されました。

何卒、貴会会員の皆様にご周知頂き、候補者をご推薦頂けましたら幸いです。

▽山上の光賞の詳細、候補者推薦用紙は以下のサイトよりダウンロードできます▽

http://www.sanjo-no-hikari-sho.com/

なお、締め切りは、3月26日(月)必着となります。
候補者の推薦はE-mail、FAX、または郵便で受付けます。

何卒宜しくお願い申し上げます。

「山上の光賞」事務局
******************************
このページのTopへ



■CAPD認定指導看護師認定講習会 開催について

CAPD認定指導看護師認定講習会

講習会は年2回開催されます。
研修修了後4回目の講習までにご受講ください。
研修修了後4回目を過ぎた場合は再度研修をご受講ください。

(1)2018年3月31日(土) 損保会館(東京) において
・受付開始は2018年2月より
・講習会受講対象者は2018年2月末までの研修修了者

(2)2018年10月5日(金)徳島市
・受付開始は2018年8月より
・講習会受講対象者は2018年7月末までの研修修了者

受付時間 12時30分
講習時間 12時50分〜17時00分 後認定証授与

申し込み用紙はこちら(PDFファイル)
申し込み用紙はこちら(Wordファイル)

  
CAPD認定指導看護師認定の流れはこちらをご覧ください

このページのTopへ


■日本腹膜透析医学会会誌編集委員会

会誌の編集方針、配布・経費等を審議するため、日本腹膜透析医学会会誌編集委員会が発足し、内規を定めた。

■日本腹膜透析医学会会誌編集委員会

委員長 川西 秀樹 (医)あかね会 土谷総合病院
委員   伊丹 儀友 (医)友秀会 伊丹腎クリニック
委員   土田 健司 (社医)川島会 川島病院
委員   友 雅司  大分大学医学部 血液浄化センター
委員   中元 秀友  埼玉医科大学総合診療内科 腎臓内科
委員   山下 明泰  法政大学生命科学部環境応用化学科
内規はこちらをご覧ください。
このページのTopへ


■定款を変更しました

1.第1条の名称
特定非営利活動法人日本腹膜透析研究会を
特定非営利活動法人日本腹膜透析医学会に
変更する。

2.第6条に2項 施設会員の代表者は正会員とみなす。
を追加する。


3.第2条の事務所
この法人は事務所を徳島県徳島市北佐古一番町1番39号
社会医療法人 川島会 川島病院内に置く。
と、変更しました。
このページのTopへ



■腹膜病理標本の件

腹膜病理診断をご希望の施設は下記までご連絡ください。
本田 一穂
東京女子医科大学第2病理教室
〒162-8666 東京都新宿区河田町8-1
Tel:03-3353-8111(ext.22342)
Fax:03-5269-7473
e-mail:honda@research.twmu.ac.jp

このページのTopへ